上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

かぶりつき

 もし、私が女であれば、即ち、女性の脳を持っていれば、女性の考える事が、相当に良く分かる筈である。
 とは言え、女だからと言って、全ての女が、同じように行動し、思考するという訳では無い。
 が、それでも、女性であれば、かなりの部分で共通性がある筈だ。
 だから、白人の女も、黒人の女も、我ら日本の女も、多くの共通性を持っている。
 例えば、各国の女の写真を見た時、立ち姿であれば、何となく、どの国の女性も似たようなポーズをとる。
 これは、まさか、事前に打ち合わせて、皆さん、同じ格好をしましょうね、と言う訳では無いだろう。
 要するに、女性には、女性脳がもたらす、女性独特の仕草や、行動様式があると言う事だ。 
 当然、男にも、それはある筈だ。
 となれば、男である私は、男性脳に由来する、全ての男性に共通する仕草や、行動様式については、かなりの確率で正しく推測出来る筈である。
 さて、学生の時、我が先輩が東京に行き、某所で、ストリップを見ていた。 
 高い料金を払って、いわゆる、砂かぶり、いや、間違った、かぶりつきで見ていた。
 目の前で、テンツク、テンテンと調子よい音楽に合わせて、踊り子が腰をくねらせて、大変、楽しかったそうだ。
 そうして、踊りが終わった時、踊り子が自らの股間に手を入れた。それから、素早く前に出て来て、かぶりつきの先輩の顔を、可愛い手で、たっぷり何度も撫でてくれた。
 きっと、その先輩、ひどく物欲しそうな顔をしていたに違いない。
 まあ、これは、踊り子とすれば、かぶりつきの客に対する、大サービスである。 
 何しろ、かぶりつきの客は、高い料金を払ってくれた訳だから。
 撫でられた先輩は、外に出ると、猛ダッシュして近くのホテルに行き、石鹸で何度も何度も顔を洗い、帰宅してからも、また、石鹸で顔を数回、洗ったという。
 もし、私だったら、どうしたろうか。
 やはり、もし、出来るのであれば、顔を熱湯消毒したい所だ。  
 しかし、ストリップが好きで、毎週のように、フランス座に通う男で、かつ、その踊り子の熱烈ファンだとすると、逆に、撫でられた顔を三日間位、洗わないかも知れない。
 この違いは何か。
 それは、その踊り子に対する個人的な感情の違いから、派生している。
 その女を好きであれば、汚いどころか、有頂天になるのである。
 だから、多くの男は、全部の男とは言わない、本能だと思うが、好きな女の秘部を舐めることもあるのだ。
 汚いと思わないからだ。
 とは言え、その様な行為は、変態だと見做し、道徳的見地から、好きな女ではあるけれども、敢えて、その様な真似はしないという、男も居る。
 だから、舐めないからと言って、男から嫌われているとは、断定は出来ない。
 でも、「一生に一度で良いから舐めて」と懇願しても、舐めないとすれば、その男の心情は、もしかすると、かなり疑わしいものかも知れない。 
 ところで、男は、どの女ともセックスできるというのは、嘘だろうと、以前、書いた。
 事実、顔を見るのも嫌という、女とは、セックスする気にはならない。
 これは、どの男もそうだと思う。
 でも、好きでも何でも無いが、まあまあ、総合的に我慢できる位の女であれば、セックス位は、何とか頑張れば出来る筈だ。
 いよいよとなれば、目を瞑っていれば、セックスは出来るだろう。
 と言うのは、男の興奮は、殆どが視覚から来るからだ。 
 まあ、大雑把に言えば、男は、殆どの女に対して、セックス位は、何とか成立させる事が、出来ると言えよう。
 とにもかくにも、男は雄ですから。 
 ところが、相手の女を好きで無い場合、男が、相当困難、或いは、出来ないものがある。いや、現実には出来ない男が大多数、殆ど、だと思う。
 それは何か。
 ディープキスである。
 口の中には、誰でも、基本的医学的に、ばい菌が一杯である。
 歯が汚い女、歯茎が膿んでいる女、虫歯菌、口臭のひどい女、色々居るが、口とは、その様な場所である。
 だから、その女を好きで無いと、男はキスはしないし、しようとも思わない。
 従って、
 もし、キスをすれば、男は、その女を好きだ。
 もし、その女を好きなら、男は、キスをする。
 上記二行は、ピタゴラスの定理と同じ位、確かな事である。
 キスと好きには、数学で言う、必要十分条件が成立しているのだ。
 これに対して、セックスと好きは、必要十分条件ではありません。
 好きな女とはセックスする。
 でも、この逆は成り立たないのです。 
 此処は、男の気持ちを判断する時、要注意です。
 と言う事で、不倫してる貴女、相手の男がキスを拒むようになったら、要注意ですぞ。
 一応、口臭等、自分の、お口の中を見て、異常が無いのに、尚も、男がキスから逃げるのであれば、男の心は、既に、貴女から去ったのです。  
 その時は、まあ、潔く諦めましょう。  
 ♪♪二人の恋は終わったのねえ♪♪
 そう言えば、随分前ですが、♪♪貴方だけはと信じつつ・・・♪♪、なんて唄がありました。信じるのもいいが、相手を、しっかりと観察する事が大事なのです。
 ところで、上記2曲の題名が分かる人は、懐メロ天才と認定します。 
 それはともかく、「行為は真実を告げ、言葉は嘘を語る」のです。
 嘘か、ほんとか、それを見抜くには、言葉で無くて、相手の行為のみを注視すれば良いのです。甘い言葉に騙されてはなりません。
 さて、その他にも、様々な男の行為がありますが、これは、皆、何らかのサインを発しているのです。
 日頃、よく注意すれば、そのサインに隠されている意味が分かる筈です。
 以下、貴女への参考のために、主な項目を挙げておきます。
 電話が短くなった。手を繋がなくなった。終わると、直ぐに背中を向けて寝る。
 街で並んで歩かない。食堂で違うメニューを食べる。秘部に触らなくなった。
 おっぱいに関心がなくなった。装いに何も言わなくなった。
 将来の話をしなくなった。いつも暗い顔している。よそ見ばかりしている。
 あたしの裸を見なくなった。ホテルから時間差で出る。タクシーで体を離す。
 実家に来なくなった。メールの内容と行為が違う。生理の時は逢わなくなった。
 来た電話を離れて聞く。エスカレーターで先に乗るようになった。
 肩に手を回す事が無くなった。泊まらなくなった。前戯をしなくなった。
 ピルの服用を執拗に確認する。毎回、ホテルを変える。割り勘になった。
 脱いだ服を自分で掛ける。メールの返事がすぐ来ない。
 実家の話をすると、嫌な顔をする。男の車には乗せず、タクシーになった。
 香水の好みが変わった。愛撫の仕方が違って来た。髪の匂いを嗅がなくなった。
 とまあ、男の様々な行動があります。
 上記で、ひとつだけ解説すると、愛撫の仕方が変化した時、これは、もう大変危険です。
 男の心は、既に貴女に無いかも知れません。
 これらの項目を、貴女自身で、色々と研究すれば、極めて有益な事が分かり、男を手玉に取れる女になれるかも知れません。
 但し、上記の項目が該当するのは、恋愛関係の二人の場合に限ります。
 夫婦の場合、上記の項目に、幾つか当てはまる方が居ると思いますが、全く心配する必要は無いです。
 例えば、「直ぐに背中を向けて寝る」 これは、正に夫婦の証でもあります。
 逆に、夫婦の場合は、最近、妙に親切になったしたら、この方が、余程心配かも知れません。


追記1
 上記は、単なる私的経験に基づく理論であり、私の独断と偏見が含まれて居る可能性があります。全てが正しいとは限りません。
 従いまして、諸賢の取捨選択を実行後、自らの人生に活用される事を希望します。


俳句


好きと言い 結婚はしない 詐欺男