上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

花柄と白無地  

 退職してから、一日、一回は外に出て、最低30分は歩くようにして居る。勿論、健康のためだ。
 今のところ、お気に入りの散歩コースは、前橋市内に五カ所ある。
 どのコースも、それなりにいいが、猛暑の日などは、何処でもと言う訳にはいかない。
 炎熱の下を歩いて、古稀青年が倒れたでは、他人様に迷惑を掛けてしまう。
 それで、夏になると、散歩道の殆どが木陰である墓地公園に行く事になる。 
 墓地公園は、赤城山麓に作られた、広大な施設で、墓地と公園が併設されて居る。
 ところで、この公園には、山栗の木が沢山、生えている。恐らく、昔は、この山麓一帯が、山栗の原生林だったのだろう。
 毎年、九月の末辺りになると、枝に沢山のイガが見えるようになる。棒か何かで、枝を叩けば、簡単にイガは落ちてくる。 
 私は栗が好きと言うほどでないから、枝を叩いたり、揺さぶって、栗の実を落とした事はない。栗に興味は無い。
 しかし、毎年、山栗の季節になると、決まって、胸が少し高鳴って来る。
 もう、随分と前の事だ。九月の半ば頃、この公園を散歩していた。
 すると、道の遠くで若い女性三人が、何やら、キャアキャアと声を上げて、騒いでいるのが見えた。
 最初は、大きな蛇か何か、見つけたのかと思った。
 近づくに連れて、騒いでいる理由が分かった。栗の木の高い枝を叩いているのである。
 更に、近くまで行くと、様子が、一層、はっきりした。 
 どこからか、木の棒を見つけてきて、彼女たちは、何度も飛び跳ねて、栗の枝を叩いていた。
 叩く度に、うまく行くと、イガが落ちてきた。すると、叩いた女の子は、ヤッターと、嬉しそうに声を上げた。 
 歳の頃は、20歳前後、学生か社会人かは分からない。もう小学生みたいに、童心に戻り、夢中になって、枝を叩いている。
 近づくにつれ、歩みを少し緩めて、私は、その様子を思わず、眺めた。
 そうして、いつの間にか、足を止めて、女の子達を眺めていた。
 私が、すぐ側で見ているのを、彼女たちは気付いていたと思うが、一切、気にせず、相変わらず、嬌声を上げながら、棒を振り上げ、飛び跳ねていた。
 元気な若い女の子を見るのは、とても気分がいいものだ。
 それは女子体操選手や、フィギイアスケートの女子選手を見るのと同じである。
 そのまま、私が、枝の方、即ち、上を見ていれば、何事も無かったのだが、その内、別の事に気付いてしまった。
 三人とも、短いフレアスカートみたいのを履いていた。スカートの名前は、よく知らないが、タイトでない、緩やかなスカートである。 
 跳ねて、足が地につくと、スカートが捲れて、可愛いパンツが、一瞬、見えた。
 また、遠くに落ちたイガを集めようと、かがんだりすると、更に、よく見えた。
 若く元気な女の子達だったが、不思議とエロスは余り感じなかった。
 何と言ったらよいか、余りにも開けっ広げで、淫靡さが無かった。
 でも、パンツに気付いた途端、私の視線は、どことなく、不自然な動きになってしまった。これはまずいな。私は、すぐ近くで眺めていられないと思った。
 パンツを見るために、あのおじさんは、そこに居る、と思われてしまう。
 勿論、彼女たちは何とも思って居なかったと思う。もう夢中で、パンツ事のなど、忘れていたに違いない。
 まあ、こうやって書くと長いが、立ち止まり、パンツに気付いて、歩き出すまで、実際には、ごく短い時間、2分から3分位だったろう。
 しかし、歩き出すと、実に、去り難い思いに駆られたものである。
 パンツの事など、気付かぬ振りして、飽きるまで見るべきだ。こんな綺麗な脚とパンツは、二度と見れないぞ。
 そう思い、何度、引き返そうと悩んだ事か。ハムレットの心境でした。 
 正直、あんなワクワクする場面に、そう頻繁にお目にかかれるものでは無い。
 もしかしたら、若い女の子の、華やかなミュージカルの舞台だったかも知れない。
 しかも、一切無料。
 それにしても、男は、女のパンツ見ると、何で、押さえようもなく、興奮し、動揺するのか。
 実を言えば、それが煩わしくもあり、また、ちょっぴり悲しく感じる時もある。
 即ち、男は、性欲から解放されたいと思う時があるのだ。
 この男の願望を実現したのが、イスラム教のブルカかも知れない。 
 でも、死ぬまで男の煩悩は、捨てきれず、続くのだろう。
 まあ、自然界の動物だから、仕方ないね。 
 さて、それ以来、毎年、山栗の季節になると、心密かに期待したが、もう、あの女の子達の姿を見る事は二度と無かったです。
 小学生の家族連れ、憎らしい男子中高生、おじさん達が、枝を叩いているのは、毎年、飽きるほど見かけます。
 今年も、恐らく駄目でしょうね。
 そこで、女性の皆様、どうぞ、前橋墓地公園の山栗を取りにおいで下さい。
 ただし、短めのフレアスカートでお願いします。それと、ジャンプが出来ないと、栗は採れません。来ても無駄です。えっ? 長い棒は落ちていませんよ。
 


  
 俳句



 栗食めば ミニのスカート 思い出す