上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

アマ無線家の所得税


 還暦過ぎる頃には、大抵の人が、親の家や土地を相続して、いつかはそれを売る事になるかと思います。
 一生に一度の事ですから、当然、誰しもそれに慣れているという事はないです。
 私は、一応、形式上の相続人になって、昨年、土地を売りました。そしたら、市民税、健康保険、介護保険料がびっくりするほど値上がりしました。
 少し予測していましたが、これほどとは思いませんでした。
 なので、アマチュア無線のブログですが、同じ不運?に遭遇する人も居るかと思い、走り書きする事にしました。
 国民健康保険料が73万円。普通の年は15万位でした。売った土地は僅かで1100万円。たまげました。富裕層という訳ですかね。
 なので、課税基準額を下げるために、あらゆる控除手段を試みて下さい。
 介護保険料は、トップの階級にランクが上がって、最高額となりました。約14万円。
 介護とは無縁ですが、まあ、仕方ないです。
 介護保険料は進んで払いますが、介護はされたくないです。死ぬ前日まで歩けるように、もうずっと前から運動してます。
 最後は何かの癌で死ぬと思いますが、それでも寝たきりには絶対、ならないよう努力します。意志ある所に道ありだと思います。
 あと市民税も分離課税で申告時に、50万ほど取られました。他に、所得税を取られたのは言うまでもありません。200万位だったかな。まあ、それは予想出来ましたので、驚きませんでした。
 兄弟が何人か居て、一応の形式上で、相続人になるのは大変、損だと言う事を覚えておいた方が良いですよ。
 でも、よくある遺産争いはしたくないです。ほんと、よく聞く話です。それもほんの雀の涙位でも、喧嘩するんですね、いざとなると。
 まあ、みすみす損はしたくないですからね、誰だって。そうなると、10万円位でも文句言って争う事になる訳です。
 葬式とか、一生に一度の事って、よく知らないから大変です。
 葬式は、私も妻も宗教無しを希望してます。お経、戒名で150万も払うのは納得いきません。お墓もいりません。父母のは300万円と少しだったかな。墓でなく散骨で良いです。近くの利根川に流してもらえば本望です。そうしてもらえば、流行の言葉で言えば、望外、僥倖かな。
  お墓作っても、お参りする人は子ども位でしょ。子どもだって忙しいからね。遠くに住んでれば尚更の事。
葬式ですが、母の時は普通の葬式で沢山の人が来ました。85歳だったから、母の知り合いも生きていたので。95歳の父の時は家族葬。知り合いの人も、もう居ませんから、家族葬が適切だと思いました。
 両親の土地を売ると、もう家族の思い出は永遠の彼方に消え去っていきました。売った土地の前を通る事も意識的に避けています。
 万物流転です。古稀になると、段々、そんな事が見えてきます。
 私自身も、まもなく、消えていく訳です。

追記
 私が死ぬと、アマ無線機はどうするかな。勿体ないよね。高価だし。母校の高校はアマ無線部があるので、そこに寄付する事にします。
  

     俳句

マイコンで 作りし機械 去年の秋