上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

何でも一番

 今日は、「老妻の日」である。
 何時、そんな日が制定されたかって?
 いや、私が制定しただけですので、余り、お気になさいませんように。
 7時半頃、老妻はライトブルーの運動着に着替えて、颯爽と出掛けていきました。
 不思議なもので、ジャージに着替えると、古稀直前の老妻が若返って見えます。また、脚も普段とは違って、昔のように長く見えます。
 それと、いつの間にか、自然消滅した、あの括れさえも、どことなく復活して見えます。勿論、それは単なる錯覚に決まってますが。
 要するに、何であれ、若い頃に鍛えたものは、貴重な財産になるようです。私の肩幅も、その財産です。ああ、アマ無線の電信も財産かも知れない。 
 さて、老妻の行く先ですが、我が家から、1キロ位離れた、400トラックがある、大きなグラウンドです。
 今日は、そこで、15の自治会が集まって、秋の総合運動会が行われるのです。 
 近隣から大勢の人が集まりますが、最近は、老齢の方が、うんと増えて来たようです。
 元陸上選手の老妻は、地区期待のホープなので、毎年、出場依頼が来ます。
 若い時は、リレーのアンカーを頼まれましたが、最近は、さすがに、それは止めて、スプーンレースや、玉入れなどに出ています。
 また、地区でやる、朝のラジオ体操も、講師を頼まれて、毎年、やっています。
 ラジオ体操を、未だに、最初から最後まで正確に覚えているのは、すごい事です。
 やはり、体育教員であった事は、事実のようです。
 私は、もうラジオ体操は、初めの所だけです、覚えているのは。
 さて、元陸上選手は、競争と名のつくものは、何でも大好きです。
 ですから、自分の地区の種目別記録を、毎年、メモ用紙に残しています。
 その中で、ひどく順位が悪いのがあると、我が事のように、何日も悔しがり、私に報告します。ずっと前、長く団長で活躍してた名残でしょうか。
 私は、そんな順位に、何の興味もありません。
 ですが、一応、聞いてる振りはします。それは、長い間の共同生活の結果、自然と身についた、賢い習慣です。
 ところで、陸上競技などに参加する人達は、元々、競争意識が、かなり強いようです。
 まあ、そうで無ければ、歯を食いしばって、単調な動作の繰り返しで、長いトラックを最後まで走る気にならないでしょう。
 ですから、老妻と東京に行って、電車に乗る時、或いは、何かの列に並ぶ時、老妻は、突然、豹変し、人を押しのけて、ダッシュします。
 そんな場面になると、やはり、元陸上選手の秘められた競争本能が、突如として、目を覚ますようです。
 いい年をした老婆がダッシュするのは、見ていて、大いに恥ずかしくなります。
 さて、うまく列の先頭の方に割り込むと、してやったりと、手を上げて、早く早くと、衆人環視の中、私を招きます。
 すると、何事かと、周りの人の視線が、一斉に私へと注がれます。
 その時、私に出来る事は、ただ、ひたすら、必死に無関係者の振りをするだけです。
 何時になっても直らない困った習性です。
 もう十分老婆なのに、まるで、若い娘のような振る舞いです。 
 とにかく、何でも、人より先頭に立つ。何でも人より早く終わる。それのみが頭にあるようです。
 勿論、その特性が、いい時もあります。旅行に行く身支度などは、数日前に済んでいます。私は前日、やっとの事で、準備が終わります。
 でも、人生のゴールにだけは、私よりも先に行かない事を、切に期待しています。
 と言うのも、我が父は、母に先立たれ、約10年間の孤独生活をしました。
「一人はつまらないよ。ほんとにつまらないよ」
 偶に、尋ねていくと、父は、そればかり言っていました。
 その通りでしょうね。老人の孤独位、つまらないものは無いでしょう。
 幸いな事に、老妻は鋼鉄のように丈夫なので、私自身は、父のような孤独生活を送る事は無いと、安心しています。
 とは言え、老妻も生身の人間、大事にしないと長持ちはしないでしょう。
 なので、退職してからは、皿洗いや炊飯、掃除も私がやってます。また、買い物に行けば、軽重にかかわらず、荷物は、必ず、私が持ちます。
 思えば、若い時には、なーんにもしなかった私、でした。
 この変化には、私自身も驚いております。
 夫婦は歳を取るにつれて、親愛の情が深まると言われておりますが、やはり、そう言うことなんですね。



俳句


秋の日や 運動会の 音来る


喪服の女

 少し前だが、ある葬儀に行った。
 駐車場に車を置いて、受付に行くと、既に、かなりの混雑であった。
 この分だと、きっと、知ってる顔に出会うと思った。それで、なるべく下を見ながら、二階の葬儀会場まで行った。
 まだ、前の方に、席は少し空いていたが、余り目立ちたくも無いので、私は後ろで立つ事にした。
 正面を見ると、如何にも華やかな祭壇である。
 私も、何時か、いずれは、あの菊の花に囲まれる事になる。
 いや、私の葬儀は、シンプルでいい。何も飾らなくていい。墓さえも作る気は無いのだから。
 勿論、坊さんも呼ばなくていい。金を取られるだけだから。戒名なんて不要。
 その分、老妻に金を残した方が、老妻も喜ぶだろう。その金で、老妻は、宝くじを両手に持てないほど買えばいいのだ。
 さて、葬儀はなかなか始まらない。何にせよ、待つ時間は長いものだ。 
 すると、立っている私の隣に、若い女が、そっと近づいて来た。彼女も、私と同じように、後ろで立つ事にしたらしい。
 まだ若い女だ。20代の後半位か。故人と、どんな関係があったのだろうか。
 横顔が、すごく綺麗な女である。黒の服が、よく似合っている。
 気付かれぬように、そっと、隣に立っている彼女を悉に観察した。
 頬は抜けるような白である。それは黒服を着ているからでは無いだろう。
 うすい赤の唇が、絵画の女のように見えた。
 隣の男は、こうなると、もう駄目だ。妄想が、自由自在に、跳梁跋扈し始めた。
 いやはや、葬儀会場だと言うのに、男とは、実に滑稽な存在ですね。
 いいえ、男は、24時間、いつも男だから、仕方ないです。 
 こんな女とラブホテルに行ったら、どんなに幸せな事か。  
 ベッドで乱れる彼女の姿態を想像した。まだ、若いから、もしかして独身かな。
 だったら、帰りに声を掛けてみよう。
 爪は綺麗に装飾されている。高価な首飾りも輝いている。
 小さいが、かなり高価そうなバッグを持っている。  
 待てよ、もしかしたら、この女、あの業界の女かも知れない。 
 改めて見ると、葬儀場には不向きと思われるほどのミニスカートであった。
 こんな葬儀の場面で、ミニスカートって、どんな意味があるのか。
 いや、意味は十分過ぎるほど、あるさ。
 現に、隣の男は、先ほどから、興奮して、妄想を掻き立てているじゃないか。
 もしかして、この女は、故人が好きだった女かな。
 うーん、そうかも。それで、後ろの方で目立たないように参列しているのだ。
 お焼香が始まると、私は、彼女のすぐ後に、離れないように続いた。
 葬儀場を出たら、何時か、話しかけようと思ったのだ。
「故人とは、どんな、お知り合いですか」と聞けば、ごく自然な流れだろう。
 さて、お焼香を済ませて、いざ、後ろに付いて歩くと、細身の割には、くびれが深く、尻のでかい女だった。
 いや、私は、くびれのある女は好きだから、それは、歓迎する所だ。
 これも縁かも知れない。故人の女を葬儀の日に、受け継ぐとは。
 でも、人が大勢居る所では話しかけられない。
 人混みが無くなる駐車場に行ったら、話しかけてみよう。 
 正面出口から、彼女は、広い駐車場を軽快に歩いて行く。私の事など、全く気付いていないようだ。
 きっと、気の強い、明るい女に違いない。そんな女が大好きだ。
 私の勝手な空想、いや、妄想は止まる所を知らなかった。
 駐車場の端に黒の車。どうやら、あれらしい。
 それでは、いよいよだ。すぐ近くに行かなくては。私は足を速めた。
 彼女が車の側に行くと、ドアがすぐに開き、中から、サングラスを掛けた、中年男が出て来た。うーん、あれは風俗関係の男だろう。
 その丁寧な動作から推察すれば、恐らく、彼女の紐とか、恋人ではなさそうだ。
 彼女自身の車で来たと思っていたが、大外れだった。これでは、話しかける事は出来ない。
 私の足は止まり、暫く、黒の車を眺めていた。
 やがて、ゆっくり動き出した車は、すぐに走り去り、見えなくなった。
 故人は、比較的、真面目な男だったが、それでも男は男。それなりに遊んでいたのだろう。
 でも、最後に、あんな素敵な女が、葬儀に来てくれたのだから、大いに満足して、あの世に旅立った事だろう。 
 それにしてもだ、死ぬ前に、友情の印として、あの女を私に紹介してくれても良かったのに。 



俳句


ふと見れば 喪服の女 白き頬

山手線

 山手線に乗っていたら、若い男女が乗り込んで来た。
 男は195センチ位で、短髪。まだ、すごく若い。もしかしたら、現役の兵士かも知れない。海軍かも知れない。そんな気がした。
 大きな旅行用バッグを二個、太い両腕で引き摺っている。女の方は、黒髪で目が大きかった。
 風貌から察すると、二人はトルコ系の白人かと思われた。と言うのは、男の四角い顔は、よくトルコ人に見られる顔だからだ。まあ、確たる根拠は何もありません。
 私の真ん前に座った彼ら二人。対する老妻と私。
 ノースリーブの白い肩が、男にぴったりと寄り添っている。
 大きな体の男と対照的に、細身でスタイル抜群の白い女は、よく似合っている。
 いいなあ。ただ、感動した。
 二人を見つめながら、いつの間にか、私は、若い二人に祝福を送っていた。
 若い雄は、漸く、気に入った雌を見つけて、これから子供を産ませて、家族を作る。
 雄としては、その人生で一番、幸せで意欲に溢れている時代である。
 若い男は、丸太のような太い腕で大きな旅行バッグをがっちり掴んで座っている。
 その様は、恰も、傍らの綺麗な雌を絶対に、誰にも渡さないぞ、と言う気迫に満ちていた。
 もし、可愛い雌を奪いに来る敵が居たら、この雄は命をかけて、戦うに違いない。
 若い女も、いい男を見つけたね。この男なら、面構えからして、あんたを幸せにしてくれる事は間違いないよ。 
 その太い腕で抱きしめられたら、世界一、幸せな女ですよ。
 女の方は、写真などで見るアラビアの女に、よく似ていた。そう、テレビに時々、出て来る、よく知らないが、ローラという女に、かなり似ている。
 やがて、上野に着くと、彼らは降りた。私達も降りた。
 人混みの中で、男の両肩が浮かんで見えた。大混雑だから、女は必死に男にすがりついている。  
 やがて、見つめている内に、二人の姿は、ものすごい雑踏の中に、消えて行った。
 今夜は、何処のホテルに泊まるのかな。
 君たち、日本滞在を楽しんでね。
 もし、私がもう少し若ければ、あの若い男に、きっと話しかけていた事だろう。
 そうして、色んな話が出来た事だろう。
 夜、ホテルのベッドで、天井を見ながら、また、あの若い二人連れを思い出した。
 今頃、夜の街を歩いているかな。
 いや、混雑する街など見ても仕方ない。そうでは無くて、夜は、時間のある限り、抱き合っていればいい。抱き合う事が最高さ。
 それが、若い男の唯一の夢だ。女を力一杯抱きしめたいのだ。
 それは、また女の夢なのだ。 
 それにしても、見た事も無い、全くの他人なのに、何で、私は、あの若い二人の幸せを祈っていたのだろうか。 
 暫く考えている私に、いつしか、睡魔が襲ってきた。
 深い眠りに落ちていく中で、私は、やっと、ある事に気付いた。
 昼間見た、あの若い二人に、私は、50年前の自分を重ねていたのだと。
 


  俳句


 過ぎし日は 枯れ葉流離う 窓辺かな   <流離う(さすらう)>

日本製

 二日間、東京で遊んできましたが、大変。歩き疲れました。それは移動手段が、殆ど電車か徒歩のためです。
 ところが、群馬に居ると、歩く事は殆どありません。
 群馬はアメリカと同じで、どこに行くのも車なのです。(アメリカと同じなんてすごいな、とてもすごいな!)
 私は、50メートル離れたスーパーにも車で行きます。歩いて行く事は、まず、無いです。それは荷物等を持つ関係もありますからね。
 と言う事からも分かりますが、群馬県は、人口に対する車の保有台数が全国一位です。
 これは、もうずっと、そうです。
 例えば、 2016年の統計を見ると、群馬の人が100人いれば、68人が車を保有しているとの結果が出ています。
 この統計の結果が示す事実は何でしょうか。
 群馬には、私のような、富裕層が多いと言う事を示しているのでしょうか。 
 いいえ、全く違います。
 当たり前です。私が金持ちである筈が無い。
 実を言えば、車の保有率が高い事は、余り自慢出来るほどのものではありません。
 群馬は、山が多いので、鉄道は不向きで、その結果、生活のために、どうしても車が必要不可欠であったと言うだけの事です。
 でも、まあ、何であれ、群馬県が一位というのは、気分がいい事は確かです。
 他の分野での一位には、キャベツ生産量、セーブオンの店舗数、乳酸菌飲料消費量、ユニクロ店舗数、ペルー人の数、結婚式費用などがあります。 
 どうでも良い一位なので、数字は割愛します。
 最後の結婚式費用は、442万円です。群馬県人は、結婚式を派手にやるんですかね。 
   そうかなあ。大都市を持つ県の方が派手な気がしますがね。
 昨日は、東京散策の疲れを殆ど感じなかったのですが、今朝は、何か怠いです。
 古稀になると、疲れがすぐに出ないで、一日遅れ位で出て来る事が多いみたいです。
 なので、今日は、ブログを書く意欲も、余り無いです。
 写真で、スペースを埋めたいと思います。 
 東京の散歩で一番いい事は、やはり、若い綺麗な女性を沢山見られる事ですね。
 白人女性は、確かに、見た目は綺麗ですけど、日本の女性も負けてないです。
 と言うか、見て、抱きたい衝動の強さを感じるのは、即ち、セクシーなのは、やはり、日本の女です。
 これは、やはり私が日本人だからでしょうか。
 最近の日本女性はスタイルも良くなったし、一昔前の、女性とは違いますね。
 脚も長くなったし、日本女性でも美脚の人が居ます。
 大正生まれの、私の母親の時代とは、まるで、違って来ましたね。母は、脚は殆ど無かったです。
 さて、今や、機械製品、食品、薬なども、すべて国産品が最高です。
 となると、やはり、女性も、国産が最高みたいですね。
 下は、六義園です。緑はいいですね。
 それにしても、あちこちに、大豪邸や大庭園をお作りになった岩崎弥太郎さん、愛人は何人位、作ったのかなあ。
 きっと、大庭園同様、庶民とは、愛人の数も桁が違うと思います。いつか、資料を跋渉してみたい気がします。
 


俳句


落ちる葉に 水面は揺れて 遠ざかる  <水面(みなも)>


秋葉原今昔

  
 東京へ散歩に行く日の朝、駅近くで、老妻を撮ろうとしたら、いいタイミングで美尻が侵入してきました。男の習性でしょうか。思わずシャッターを押してしまいました。

 
    暫くぶりに、秋葉原の町を散策しました。
 私がよく買いに行った、秋葉原の富士無線。最近の景気はどうなんでしょうか。まだ宣伝等のお知らせは、頻繁に来ています。


 ここも懐かしい。大昔は、みんな、ジャンク屋だったのです。


 秋月。昨年まで通販でよくお世話になっていました。マイコンの基板を沢山買いました。もう、今後は製作する事はないと思います。アマチュア無線も電信の練習だけになると思います。この店は、今は、通販の方が大忙しみたいです。
 店舗は半日程度しか、開業していません。


 あちこちに違う服を着たメイドさんが居ました。綺麗な子も居ました。私も声かけてもらいたかったけど、だめでしたね。


 アマチュア無線の老舗、ロケットも多角経営となりましたね。昔は無線関係だけでした。アダルト商売も悪くはないですが、何となく。まあ、生き残るためには仕方ないね。


 下は、サンシャイン60の水族館のクラゲ。子供が小さいとき、来ました。老妻が見たいというので、散歩ついでに見ました。とてもきれいでした。
 このあと、文化会館のオリエントの展示会も見ました。
 オリエントとは、古代ローマから見て、トルコなどの東側の地域を指す。そうですよね。東洋なんて、全く知られていなかった訳ですから。
 今の英和辞典では、東洋の訳語が当てられています。 


 夕飯はバイキング。その一部です。


 たまに、騒々しい都会に行くと、古稀青年はもう疲れます。でも、綺麗な女の人を、時々、見かけるので、それはとても、生きる希望を与えてくれます。
 文化会員の通路で見た白人の若い女性、180センチ位で、生きてるマネキンのようでした。とても綺麗で驚きました。
 客観的に見て、北の寒い国に住んでいる、白人の方が、外見は、はっきり綺麗に見えますね。また、体力は黒人には敵いません。
 なので、日本人は、知性で頑張れば良いと思います。
 早寝します。明日は庭園見て、疲れをとりたいです。


俳句


懐かしき 秋葉も今や 変わり果て