上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

小さな手

 恥ずかしながら、私は体毛が薄い。それは若い時からのコンプレックスだった。
 胸、脇、腕、脚も、殆ど毛が生えてない。ほんの僅かだ。陰毛は、銭湯などで見る限り、まあ、何とか普通程度には存在する。
 ところが、頭髪だけは、ライオンの立て髪のように、ものすごい量の毛があったし、いまもある。
 体毛が少ないのは、母に似た。母は色が白く、体毛は殆ど無かった。
 子どもの時、母と風呂に入ったが、下腹部にも、申し訳程度の毛しか無かった。
 頭髪が多いのは、父からの遺伝だ。
 父は、体毛は普通位だったが、頭髪は濃かった。95歳で死ぬまで、禿げる事は、一切無かった。
 だから、学生時代、プールなど行くと、体毛の無い私は、恥ずかしくて仕方なかった。
 見かけは、がっちりした体型なのに、何処にも毛が生えていないのである。
 体中に毛が生えていれば、逞しく見えるし、また女の子にも好かれるだろうと思って居たから、毛深い友人を見ると、羨ましくて仕方なかった。
 今、振り返っても、若い時は頭髪が多いことで、得したような事は何もなかった。
 ところが、古稀になった今、頭髪の多さは、ほんとに有り難い事と思って居る。
 と言うのは、同級生の多くの者は、もう、かなり禿げているからだ。
 「このハゲー!」と、女性に罵倒される対象には、誰しもなりたくないものだ。 
 恐らく、父親似の、この頭髪は、死ぬまで禿げる事は無いと思う。
 さて、いつも登場する老妻だが、彼女は、私と正反対である。
 今思えば、もしかすると、正反対のパートナーを無意識に求めていたのかも知れない。
 丁度、身長の低い人が、身長の高いパートナーを求めるように。
 産まれてくる子供が、体毛の薄い事でコンプレックスを持ったら、気の毒だ。
 そうかも知れない。
 だから、老妻は、頭髪は普通だが、その他の部分には、しっかりと毛が、生えている。
 まあ、老妻の場合は、その身体的逞しさが、陸上競技では、大きなエネルギーになったのだと思う。少しもマイナスの事ではない。
 でも、老妻自身は、若い頃、腕や手の指に生えている黒い毛に、ひどくコンプレックスを感じていたらしい。
 うーん、一応、女性だからね。
 私には、とても信じられない事である。若い頃、体毛の生え薬があれば、私は、すぐにでも使っていた筈である。
 それにしても、人間とは面白いものだ。同じ現象が、ある人には優越感と感じられ、また別の人には、劣等感になる。
 長女は、老妻に似たから、色白で体毛は濃かった。老妻に似たことを愚痴っているのを聞いた事がある。女の子には、濃い体毛は不要かも知れない。
 次女は、私に似た。体毛は、殆ど無かった。
 次女が、五年生の初め位だったか、一緒に風呂に入っていた時、
「パパ、毛が生えてきたよ」と言って、可愛い陰毛を見せてくれた記憶がある。
 よく見たら、三本位、薄い毛が生え始まっていた。
 残念な事に、その後の記憶は無い。恐らく、それ以後は、もう一緒にお風呂に入らなくなったのだろう。
 せめて、高校卒業位までは、一緒にお風呂に入りたかったものである。
 さて、体毛もそうだが、子どもとすれば、親の良い形質だけを受け継ぎたいものだ。
 だが、遺伝だから、そんな希望は叶える事は出来ない。
 私の手は、肩幅などに比べると、やや小さい。これは、母の手に似たからである。
 本当は、野球のグローブのように大きかった、父の手に似たかった。
 それで、若い頃、手の小さいのが不満で、私は、母親に愚痴を言った事がある。母は、ただ笑っていた。
 やがて、歳を取ると、手の大小など、どうでも良くなった。これから、格闘技の試合に出る訳でもない。腕力など、もう不要だ。
 小さな手は、母の形見である。時に、手を見つめて、母を思い出すことがある。
 それは、風呂場で裸になって、鏡に写る両肩を見た時も同じだ。
 肩幅のある、盛り上がった両肩は、亡き父にそっくりだ。 
 私という人間は、正しく、父と母の子なのである。
  


俳句


花活ける 見つめる母は 小さき手


我がアマ無線人生<7>高校時代

 入学した高校が県内屈指の進学校だったから、さすがに無線で遊んでいる訳には行かなかった。
 それでも、全く工作を止めてしまった訳では無かった。何しろ、無線に夢中になっていた頃だから。
 大きなものは作れないが、ゲルマラジオを作り、それで海外放送を聞いた。 
 モスクワ放送、北京放送、VOA放送などが受信出来た。
 当時は、まだ冷戦真っ最中の頃だから、ソビエトも大出力の海外放送を行っていた。
 放送局はウラジオストック辺りにあったらしい。
 放送開始の合図が、ロシア教会の澄み切った鐘の音で、軽いフェージングを伴いながら聞こえて来ると、如何にも遠い外国から、飛んで来た電波という感じがしたものだ。
 北京放送は、アナウンサーが甲高い声で、何か頭が痛くなりそうな感じだった。どうも、中国語の高い音は苦手である。
 VOAも、強力であった。もっとも、中継局が沖縄辺りにあったからだろう。
 ケネディ大統領の暗殺ニュースも、このVOAから直接聞いた。
 好きでも無い受験勉強をしながら、深夜、海外放送に耳を傾ける時が、唯一の楽しい時間であった。
 順調にいけば、それなりの成果を得られた筈だが、高校に入って一年位すると、体調を崩してしまい、思うように勉強時間を確保出来なくなってしまった。
 例えば、夜、お風呂に入ると、翌日、半日位、疲労が抜けなかった。
 ずっと後で、思った事だが、運動を止めてしまった事が、健康を失った大きな原因であったと思う。 
 それでも、成績は何とか維持していたが、三年生になると、もう勉強する体力が無くなっていた。
 我が人生で一番辛い時期であった。勉強したい気はあっても、すぐに疲れてしまい、机で寝てしまった。
 三年の半ばには、もう浪人を覚悟した。
 この頃、偶然、中学の後輩と出逢って、付き合いだした。既に勉強は諦めていた。
 一年下の可愛い女の子であった。
 夏の夜、部屋の窓際に行くと、その子が弾いているピアノの音が微かに聞こえた。
 高校時代は、猛烈な性欲の昂進期だから、女の子に近づくなと言われても、押さえる事は出来ない。
 とは言っても、その子の家に上がる訳に行かなかった。
 と言うのは、独身の怖いおばさんらしき人が、同居していたのである。
 その内、その子は、厳しい、おばさんの目を盗んで、私の部屋に来るようになった。
 目は大きくて、肌は雪のように白かった。
 この子とは、私が大学に入って、すぐに連絡があって、再会したが、一度だけ逢ったきりで、付き合う事は無かった。
 今思いだしても、とても良い子だったのに、何故、付き合わなかったのか、大いに後悔している。
 どうしてだか、その時の心理は、私自身にも、よく分からない。
 若い時は、自分でも、自分の気持ちの推移が理解できないことが多かった。
 気まぐれなのは、女だけで無くて、男も、そうなのである。 
 高校時代は、今書いていても、余り良い思い出は無い。
 覚えているのは、日に日に、増してくる強烈な性欲である。
 これには、正直、参った。
 作家の渡辺淳一が、股間に猛獣を飼っているようなものと言ったのは、蓋し、名言だ。
 この猛獣を上手く制御しないと、男は、明日にでも性犯罪者になってしまう。
 同時に、ますます綺麗になっていく、女子高生にも困った。
 男女別学の高校だったから、却って、女は神秘化されて、それは後々まで、祟った。
 女は、タダの女だと気付くまでに、相当の時間がかかってしまった。
 体調は、ずっと回復しなかったから、大学に入ると、まず、体力回復のために運動を始めた。 
 勿論、私は、再び無線に没頭するようになった。講義には殆ど出る事は無かった。
 


俳句


運命は 吹く風に似て 定まらず



ノースリーブの紐

 今朝はトイレで座ると、秋がやって来たなと感じた。お尻がヒヤッとしたからである。
 すなわち、春は山から、秋は尻からやって来るのである。
 季節は、気付かぬ内に、流れる雲と共に、確実に変化していく。
 それでも、秋になると、やれやれとホッとする。
 古稀青年に、夏はとても厳しいからである。大体、50歳辺りから、夏は苦手になった。
 学生の頃は、夏が大好きだった。
 半袖を着て、焼け付くような午後、煌めく太陽の下を当てもなくフラフラと歩いても、楽しいだけだった。
 背中に夏の陽光を感じ、その燃える暑さに、却って心が躍ったものだ。
 学生時代は、何も無い一日というのは、無かった。
 必ず、何かとの出逢いがあった。また、その出逢いを期待していたから、一日が長く、楽しかった。
 私は、ノースリーブの女性の、優しい肩のラインが、特に好きだ。今でも、そうだ。
 街で、ノースリーブの女性が来ると、思わず、その肩を抱き寄せ、撫でたくなる。
 女性の肩は、どうしてあんなに魅力的なのだろうか。
 そのノースリーブで、肩紐がチラッと何かの折りに見えたりすると、どんな男も発狂してしまうらしい。私もそうだった。
 でも、いつ頃か、常に、肩紐を見せるフアッションが流行りだした。
 男達の心理を察知したものらしい。
 でも、そうなると、もうつまらなくなった。
 不意に、見えるから、楽しく魅力的だったのだ。いつも見えてたら、つまらない。
 それにしても、夏の日、キャンパスで見かけた、あの可愛いノースリーブの女の子達は、何処へ行ってしまったのだろうか。
「おおーい、君たちはどこに行ってしまったの?」
「此処よ。此処に居るわよ」
「えっ、どこ? そこは何処なんだ」
「公園近くの老人ホームよ」


 さて、1週間位前の新聞に、また、例の記事が載っていた。
 給食を残した小学一年生に、無理に食べさせたら、7人だったか、吐いたと言うものである。
 食べる事を強制したのは女子教員である。何故か、この事件で男性教員は見た事がない。
 ずっと以前、私のブログにも、この事は書いた。
 50年前にもあったし、今後、また起こるだろうと。
 私の娘も、小一の時、無理に食べさせられて悩んでいた。3月生まれだったから、一年位も違うし、女の子だから、沢山食べられる訳が無い。
 給食指導等という訳の分からぬ、言葉が教育現場に残る限り、この強制的に食べさせると言う事件は、必ず、何度でも起きる事だろう。
 実は、この根底にある思想は、かなり残酷で闇が深い。  
 要するに、集団の構成員と異なる行動、容姿の者は、抹殺するというものだからだ。
 みんなと同じように食べられない者は、その存在を否定するのだ。
 アフリカの黒人国に、色の白い人間が誕生すると、周りから攻撃を受けて、やがて殺されてしまう。同じ原理である。
 アルビノは遺伝的な突然変異に過ぎないが、その存在は許されないのである。
 全身が真っ黒な仲間と、まるで違う容姿をしているからである。
 つい先日の新聞にも、脳をくり抜かれてしまったアルビノ青年の記事が載っていた。
 これは、人間だけで無く、他の動物、例えば、ライオンなどにもある。
 仲間と同じ行動をしない、奇妙な行動をするライオンを、周りの仲間が噛み殺してしまうのである。
 ある程度の高等動物の脳に中に書かれているプログラムらしい。
 このプログラムが、小学一年生に、食べ物を残さず食べろ、と言う行動を強制するのである。
 今後も永遠に繰り返される事だから、もう、この事について、意見は述べない。
 無駄だからだ。 


 秋になると、初めて赴任した山村の光景を思い出す。
 紅葉した落ち葉が、谷川を赤い絨毯で埋めていた。百人一首の歌の通りであった。
 駅前の下宿に初めて泊まった夜、駅の構内で何か事件があったようだ。
 朝になって、前の家のおばさんが話してくれた。
「駅の構内で、熊の母子が電車に轢かれて死んだのよ」
 これはまた、すごい山奥に来たなと思った。
 秋風に乗って、色々な思い出が脳裏を駆け巡っている。




俳句


峰に立ち 遙かな故郷 思い出す




コンパニオン

 脳は、未だに未知の世界であると言われている。
 脳の機能が分かれば、殆どの病気を未然に防げると言われている。脳は体全体を、常に、コントロールしているからだ。
 その証拠に、脳外科の手術をすると、その後、必ず、体の何処かに異常が生じて来る事は誰でも知ってる事である。
 私の知人も、脳手術の後、脾臓に異常が生じた。「今、治療している」と話してくれた事がある。残念な事に、他にも異常が生じ、20年ほど前に、彼は亡くなった。
 脳の研究は、場所が場所だけに、なかなか実験や解剖、また被験者になってくれる人を探すのが難しい。
 その他、検証機器も未発達なので、研究進展が遅れている訳である。
 さて、50代の初め、私は微かな耳鳴りを左耳に感じた。
 それで、すぐに耳鼻科に行ったが、もう歳でしょうから、と言って、医者は何もしなかった。いや、正確には、何も出来なかったのである。
 それで、懇意にしていた脳外科の医者の所に行った。そしたら、彼自身が、両耳の耳鳴り患者だった。
「上州さんね、耳鳴りはさ、今の医学では治せないんだよ。脳の事が分かってないから」
 さて、脳の研究が遅々としているのは、事実だが、それでも、いくらかの成果は出ている。その一つに、男女の脳は、かなり違うと言う研究報告がある。
 男女の違いは、形態の差は明白だが、脳の構造にも差があると言うのである。
 となると、性転換手術などと言って、男性が、女性ホルモンを飲み、チンチンを切り落とし、それで、女になったなどと言う人が居るが、それで、女になれる訳が無い。
 何故なら、おっぱいが膨らんで、体は少し女に似て来ても、脳は依然として男の脳だからだ。
 さて、男女の脳が、どのように違うかは、今までにも、色んな文献が指摘している。
 男は空間認識が得意、女は地図が読めない、お喋りは女の方が得意、左右の脳を繋ぐ脳梁は女の方が太いとかである。
 このブログで、脳科学の専門的な事を書いても、つまらないだけなので、それは省略して、私自身が体験した、実際的な男女の脳の違いについて述べてみたい。  
 私が、まだ25才位の頃、宴会での事。
 中年の男性達が、退職間近の女性を囲むようにして雑談していた。
 その女性は、15年前位に夫に先立たれていた。
「ねえ、美智子さん、一人で寂しくないんですか」
 酒が入っているから、周りの男達の話は、例の話である。
「偶には、男が欲しくなるでしょう。もし、あれなら、俺が立候補しますよ」
 暫く、男達の、いい加減な話を聞き流していたが、潮時と見たか、年配の女性、毅然とした声で答えた。
「女はね、いくらでも我慢出来るのよ。あんた達、もう向こうに行きなさいよ」 
 見事な切り返しだった。周りの男性職員は、一瞬、白けて黙ってしまった。
 その後、周りの男達が、どうなったかは、全く覚えていない。
 覚えているのは、女とは、そう言うものなのかと、すごく驚愕した事だ。
 性衝動が、男とは、全く違うらしい。
 20代の男は、性欲を我慢出来るのは、普通、5日程度である。
 それを過ぎて我慢していると、やがて喉が焼けるような感じになり、精神的に、ものすごく苦しくなる。
 それから、更に数日我慢すれば、喉の奥が腫れて来る感じになり、もう死ぬ思いだ。
 この状況については、親しい友人達も同じ事を言っていた。
 それ以上は、我慢不可能。後は、ご想像にお任せします。
 男が、夜道で女に襲いかかり、レイプするのも、脳にある、強烈な性欲中枢のせいである。
 きっと、脳の性欲回路が、雄に命令するに違いない。
 「精液が溜まったのだから、早く女の膣に、それを入れて、子孫を作れ」
 さて、ここまで書けば、ちょっと前の流行語、セックスレス、草食男性などは、真っ赤な嘘であると、お分かり頂けると思う。
 推察するに、草食男性と言うのは、性欲頻度の少ない女性に、弱気の男性が迎合している状況だろう。余り、頻繁に、例えば、一日三回も求めると、好きな女性から嫌われると思い、わざと、性欲が無い振り、を演じているのだと思います。
 でも、草食男性を演じるためには、きっと何処かで、オナニーするか、風俗嬢とやるか、その他の女に出していると思います。絶対に、しないでは居られません。
 いやあ、実に涙ぐましいですね。
 そんな馬鹿げた振りをするよりも、正直に、女性に、「やらせて下さい」と、頭を下げて頼めば良いと思う。
 賢い奥さんであれば、いくら眠い時だって、応じてくれる筈ですよ。
 えっ、応じてくれない? だから、仕方なく草食男性を演じているって?
 そうですか。それは不運ですね。
 じゃあ、家庭内では草食男性を演じて、外では、ものすごく張り切って下さいね。
 ところで、男の性欲の仕組みは、非常に簡単です。
 精液は定期的に精巣で製造されます。やがて袋が満杯になります。その時、精液を女性の膣に排泄したいという欲求、これが性欲です。
 だから、健康な男子ならば、オシッコがしたくなるのと、原理は全く同じ。
 その時、目の前に女がいれば、射精して、苦難は終わりとなる。女がいなければ、自分でオナニーして、精液を出して、袋を空にするしかない。
 この動作により、満杯で凶暴になっていた男の精神は安定し、極めて穏やかになります。
 ですから、セックスの相性が良い女性と結婚した男性は、精神的にも落ち着き、仕事に優れた業績を残せる要因を持つ事になります。
 男にとって、これ以上の幸せは、他にありません。  
 でも、そんな素晴らしい奥さんを持つと、やはり、良い事ばかりでも、無さそうです。
 と言うのは、有名な文芸評論家だったE氏は、奥さんが癌で死ぬと、一ヶ月後、奥さんの後を追って、「後追い自殺」をしました。
 素晴らしい奥さん無しには、生きていられなかったのでしょう。
 私ですか? 私の場合は、私が先に逝きますので、後追いは無いです。
 次の例は、ある宴会で、二人のコンパニオンと話をしていた時のことです。
 なかなか気さくなコンパニオンだったから、話が、きわどい線まで、気軽に進んだ。 
 エロビデオの画面で、何処を見るか、と言う話である。 
 言うまでもなく、どの男も、まず第一は、画面で女の〇〇〇を見るのである。
 それしかない。だから、あそこにモザイクがかかるのである。
 誰も見ないのであれば、そこにモザイクは不要である。
 勿論、順序として、女の体の他の部分も見る事は言うまでもない。
 これは、どの男に聞いても同じ答えが返ってくる事を、100%保証する。
 その後、女は、エロビデオの画面で何処を見るのか、の話になった。
 私を含めて、周りの男達は、コンパニオンは女だから、その正解は、「男の〇〇〇」と答えるだろうと予想した。
 さて、ここで原稿が長くなり過ぎましたので、この続きは、またいずれ、機会があれば、掲載します。


追記
 女性の方は、当然、正解、または、ほぼ正解をご存じの事と思います。



俳句


煙草吸う 若き女の 胸を見る




パソコン歴

 一ヶ月前、小型のパソコンを買って、暫く使っていたが、何か変だった。
 半月位して、漸く、その異変に気付いた。
 パソコン内蔵の時計が、いつの間にか、狂ってしまうのである。
 勿論、時刻は自動同期に設定してある。
 原因は、幾つかあるが、内蔵のバックアップバッテリーが故障した可能性が一番強い。勿論、自動同期のICや、コードが破壊されていれば、時間は狂ってしまう。
 それで、モールにある、K電気に行った。
 そこの修理係に見てもらった。
 若い修理係が、やってみると、やはり、正確に設定しても、少し経つと時刻は狂ってしまった。
「原因は内蔵バッテリかな」
「今は、もう、そんな欠陥品はないと思います」
「これは、新品と交換出来ますか?」
「これは、このメーカーの仕様かも知れません。つまり、ネットに繋いだ時だけ、時刻が同期されるという仕組みです」
「すると、故障では無いと・・・」
「まあ、そうなるかも知れないですね。問い合わせても、無駄かも知れません」
 メーカーは台湾だと言う。
 ネットに繋いだ時だけ、時刻が同期される・・・、それで実用になるのか。
 内心は、全く納得出来なかったが、若いあんちゃんは、人の良さそうな感じだったので、敢えて反論するのも、気の毒に思い、その日は帰宅した。
 しかし、夜、寝ながら、また考えた。
 時刻が合わないパソコンなんて、PC-9801から始まって、何十台も使用したが、一台も無かった。いくら何でも、そんなスペックは有り得ない。
 時計が狂うパソコンは、ズボンを穿いて、ミニスカートを穿くようなものだ。
 それは、何の意味もない存在だ。
 翌日、今度は、修理係では無くて、レジに行った。
 そこで、時刻が合わないパソコンは、不良品だから、新品と交換するよう、強く要求した。
「そうですか、では、修理係で故障の確認をしてくれませんか」
「それは昨日、修理係でやりました。時刻は確かに狂いますので、新品と交換して下さい」
 なおも渋る店員に、古稀青年は、ここぞと熱弁を振るった。
 私のパソコン歴は1972年のマイコンから始まって、約50年近くある事。また、お宅のチェーン店で、今までに30台近くのパソコンを買った事などを伝えた。
 本当は、15台位なのだが、数の多さが、よく分かるようにと、少しだけ誇張した。
 すると、渋い顔の店員さんの表情が、途端に、面白いほど変わった。
 微笑を浮かべ、ごく素直な表情になった。
 同じものがあるか、在庫を見て来ます、と倉庫に走って行った。
 戻って来て、同じものは無いと言う。でも、その方が良かった。台湾製は、もう使う気が無かったからだ。
 それで、結果的に、N国産メーカーの製品を購入した。
 しかし、大手の販売店でも、欠陥品を売ってる訳だから、買う側が、買った直後に、よく点検する必要があると、再認識した。 
 買ったパソコンの写真を掲載しようと思ったが、宣伝になるので、止めます。  
 それにしても、K電気さんの対応は良かったです。宣伝になるので、一応、イニシャルに止めておきます。
  
 


俳句


黄泉の国 遠きに在りや さにあらん