上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

金太郎飴

 テレビのニュースで、北朝鮮の、何とか楽団の女性達の顔を見たら、みんな、同じような顔をしている。
 あれっ、これと似たような情景を、何処かで見たなあ、と思ったら、朝のテレビ、ニュースショーに出て来るアナウンサー達だった。 
 勿論、どの楽団員も、全く同じ顔と言う意味では無い。
 ただ、楽団員の顔の、全体的な雰囲気が、余りにも、そっくりだなと、私には感じられたのである。
 朝鮮半島では、整形が、特に盛んだと聞くが、その結果なのかも知れない。
 うーん、これは、困るなあ。
 女性が、みんな同じような顔になったら、一寸、男である私は、耐えられない気がする。
 例えば、ステーキは美味しいから、相当に好きだが、それでも、毎日、同じステーキを出されたら、終いには、食欲を感じなくなるのは、確かな事だろう。
 色んな料理があるから、それぞれの料理が、美味しく感じられる訳です。
 とは言え、整形後の顔が、このように、殆ど同じ顔になる理由は、よく分かります。
 それは、自動車のデザインと同じ原理でしょう。
 各自動車社では、色んな車種を製造してますが、今、仮に、軽自動車を製作するとして、まず最初に、その仕様を決める訳です。
 ホイールベースを長くして、室内容積を出来るだけ大きくしたい。
 走行時の空気抵抗、騒音を出来るだけ少なくしたい。
 燃費効率を出来るだけ高める。
 まあ、ざっとですが、この様にスペックを決めて、これを基に、車体の形状等をコンピュータで弾き出す訳です。
 そうすると、出て来た結果は、各社とも、大体と言うか、殆ど、同じものになります。
 これは、仕方の無い事なのです。
 別に、他社の企業秘密を盗み出した訳でもありません。
 これは、例えば、自動車の空気抵抗などは、物理的に、どのような形状が最適であるかは、既に、決まっているからです。
 さて、人間の顔ですが、これも、美しいと思われる顔をできる限り、沢山収集して、そのデータを分析します。
 そうすると、目や鼻の位置、眉毛、額、頬などが、どの位置にあれば、一番、男から見て、美しく感じられるかが、ほぼ、分かります。
 「ほぼ」と言うのは、中には、一般的に好まれる顔よりも、妙な顔を好む人達もいるからです。
 さて、この結果に基づいて、顔の整形手術をすれば、当然の事ながら、整形後の顔は、似たようなものになる事は、ごく当然の事となります。
 私自身は、まあ、顔に特別の嗜好は無いので、北の楽団員の顔は、どの女性も、一応は、可愛く、美人に見えます。
 だから、収集した整形データの結果は、一応、正しいのです。
 でも、いくら整形データーが正しくても、全員、同じ顔と言うのは、繰り返しますが、駄目です。
 私は、いえ、どの男も、リンゴを食べたり、バナナを食べたり、スイカを食べたりしたいと思います。
 これが、本音です。
 だから、色んな顔の女性が、居ないと、男として、生きていても、つまらないです。
 さて、最近の整形手術は、失敗もあるようですが、概ね、どの女性も、一応、美人になれますから、大した進歩です。
 でも、私は、整形美人には、上で述べたように、一応の美は、感じますが、胸が高鳴るような性的魅力は、どうしても感じません。
 恐らく、それは製作段階からして、単なる絵画的美人を目指しているからだと思います。
 目の前に現れても、恋人にしたいとか、そんな気は、少しも起きないと思います。
 まあ、遊ぶだけなら、付き合う位は、しますけどね。
 私は、やはり、生まれながらの、自分の顔、個性を持った女性の方が、いいです。
 整形して美人になるのは、換言すれば、個性を失う事と同じだと思います。
 ところで、顔は身体の一部ですが、他の部分とは、全く異なった存在です。
 即ち、顔を見れば、その人が誰であるか、判別出来ます。
 でも、他の部分では、例えば、手足、乳房、腹等では、ある人物を特定する事は出来ません。
 ですから、老妻とは、40年位一緒に居ますが、それでも、手だけ見て、老妻だとは、識別出来ないです。
  更に、顔は、人間インジケータ、即ち、その人の性格や、健康状態、その他、すべてを表示しているように思います。
 即ち、顔は、その人、そのものです。
 ですから、尚更、顔を整形して変えてもらいたくないですね。
 とても優しそうな女だと思って結婚したら、飛んでも無く、凶暴な女だった。
 それで、昔の顔を美容外科で調べたら、水牛のような顔をしてた、なんて事が無いようにお願いしたいです。
 ところで、私事ですが、美人系の顔よりも、寧ろ、可愛い系の方が、好みです。
 だから、私の人生に登場した、過去の素敵な女性群を思い出してみると、その殆どが、可愛い系の女性である事が分かります。
 まあ、偶には、山尾志桜里さん見たいな、勝ち気な女性も居ましたが。
 ともかく、私は、可愛い系の女性に惹きつけられてしまうようです。
 ですから、マリリン・モンローにも、小学生の頃から、惹きつけられました。
 でも、マリリンは、不思議な人で、可愛い事は確かですが、理知的な女でもあり、母性をも感じさせると言う、複雑な構造の女性です。
 だからこそ、何時まで経っても飽きないのかも知れません。
 と言う事で、世の女性の皆さんが、生まれながらの顔を大事にして、個性を基本とした、美しい女性になる事を、切に希望します。
 それと、整形美容は、今後、余り発展しない事を祈りたいです。
   


 俳句


 散歩道 人影見えず 雪残る