上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

夢の跡

 今日は12月30日、2017年も明日で終わり。
 古稀を過ぎると、一年が、あっと言う間に過ぎ去って行く。
 12枚もあるカレンダーが、忽ち、最後の一枚になってしまう。
 人生最後の日、臨終の時、私は、きっと、過ぎ去った人生を振り返るに違いない。
 そうして、人生は、あっと言う間だったな、と思う事だろう。
 中学に入学した頃から、ずっと、今まで、何度も何度も、自分に問いかけて来た事。
 それは「人生とは、何なのか」と言う事。
 この問いには、どうやら、答えが無いらしい。
 この問いの答えが、見つからないのでは無くて、そもそも、答えが存在しないらしい。
 答えは無い。
 それが、この問いかけに対する、最終的な答えであり、正解だと思う。
 さて、50年前の12月30日。
 その夜は、青井と、トライアルダンスホールで踊っていた。
 こうして書いていても、随分と昔の事だな、と感じる。
 今は、もう、そのトライアルホールは存在しない。
 ある時、何かの用事で、トライアルの前を通ったが、もうトライアルも、その階下にあった、第一パチンコ会館も、そのビル自体が建て替えられていて、往時の面影は何処にも無かった。
「夏草や 兵どもが 夢の跡」を思い出したものだ。
 それで、8時頃から、11時近くまで踊っていた。
 閉館の時刻が近づいた時、ダンスの先生が、もう終わりにして下さい、と言って来た。
 客は、もう10人位しか居なかったと思う。
 外に出たら、冬の夜空、星が綺麗に見えた。
 桃代は、すぐに帰ると言ったが、蕎麦を食べていこうと、強引に誘った。
 すぐに別れるのは、何となく、寂しいからだ。
 特に、蕎麦を食べたい訳では無い。 
 桃代は、トライアルで知り合った女で、私よりも、二つ年上だった。
 とても性格のよい、何処か品のある女性だった。
 年上の女とは、それまで付き合った事は無かったが、年上の女には、何とも言えない安心感を覚えたものだ。
「姉さん女房は、金の草鞋を履いてでも探せ」は、実に、素直に頷ける俚諺である。
 その後、年上の女と付き合った事は、もう無かったから、桃代は、唯一の姉さん恋人として、私の人生に残っている。
 立川町通りの蕎麦屋に行くと、こんな時間なのに、先客が何人も居たので驚いたものだ。
「もう遅いから、桃ちゃん、俺のとこに泊まっていけば」
「駄目よ、それは」
 青井が、半分冗談で言う。
 桃代が青井のとこに泊まったら、何されるか、分かったものでは無い。
 青井と決闘するのは、気が進まない。
 桃代は、落ち着いて、しっかりと否定した。
 僅かな言葉で、年上の女を十分に感じさせたものだ。
 このまま居たいが、時間も遅くなり、心配になったから、近くのタクシー乗り場に行き、未練を持たず、帰した。
 それから、青井と花園公園南のバー「夢」に行った。
「もう今年も終わるなあ」
 青井が珍しく、しみじみと壁の裸婦像を見ながら言った。
 その絵は、ずっと前、青井が描いたものだ。
「うん」
「来年は、どこに行くか、もう決まったんかい」
「いや、まだ分からない。採用になるのは確実だけど」
「そうなると、悪人が一人、前橋の街から消えて、何か寂しいなあ」
「寂しいかい。まあ、三年位で戻って来れると思うよ」
 青井とは中学時代の同級生で、住む世界が全く違うから、利害関係は全く無かった。
 それ故に、長く交友関係が続いたのだと思う。
 仕事に就いてから、もう青井のような友人は、出来なかったです。
 成人すると、一般的に、男は仕事上の知り合いは居ても、友人は出来ないように思います。
 まあ、それは私の場合だけかも知れませんが。
 青井が、店の女の子に何やら、話しかけた。  
 もう何度も青井と逢っている女だ。
「もう一人、連れを呼んで来ると言うから、俺の部屋で飲もうよ」
 その後の成り行きは、容易に分かったが、それが無思慮な若さと言うものです。
 若い男に、止まるとか、後退とかは無いんです。
 前に女がいれば、進むだけです。
 でも、好きな女は好きで、それは、また、別の話なのです。
 青井の部屋は離れだったから、夜、騒いでも全く近所迷惑の心配は無かった。
 それまでにも、何度も、馬鹿騒ぎをしたものだ。
 その青井の離れも、実家のあった辺りも、もう随分と前だが、更地になり、その後、出版社の支店が建っていたと記憶している。
 どんどん、何でも、変わって、いつの間にか、消えて行ってしまうのだ。 
 50年後の私は、まだ生きているけど、青井は消えてしまった。
 よくもまあ、あれから50年も生きて来たものだ。
 振り返ると、その50年も、やはり、あっと言う間だった。
 年が明けると、また歳を取り、あの世に、また一歩近づく訳ですね。
 正月は、目出度くもあり、目出度くも無し、と言いますが、もう私の場合、目出度い事は何もありませんね。 
 書斎で、年寄りの戯れ言をブログに書いているのは、楽しいけれど、外出しなくなるから、ピチピチギャルとは、ますます無縁になります。
 それは、実に、憂うべき事です。
 一日、一回は街に出て、ピチピチギャルを探す事を義務づけていますが、最近は、寒くなり、また上州名物の空っ風も強く吹くので、どうも部屋に籠もりがちになります。
 これでは、素敵な出逢いが訪れようもありません。
 駄目ですね。
 それと、最近、脳に関する本に凝って居て、これが読むとなかなか面白いので、それもまた、出不精の原因になっています。
 ところで、その脳の本に依れば、女性(男性)を好きになると、脳の海馬の働きが良くなり、知的活力も増し、なおかつ、性ホルモンも放出されて、人間は若返るそうです。
 であれば、これはもう、迷わず、外に出て、ピチピチギャル探索に全力を傾注するべきと、改めて決心しました。
    
<深夜までダンスホール辺りに居る女が、性格良くて、品があるんですか?>
<そう言う決めつけは、よくないね。君は若いのに、頭は固いんだね>
<その後、その女の人とは、どうしたんですか?>
<うーん、今は居ないね。居たら、毎日、彼女の美味しい料理を食べてると思うよ。姉さん女房を捕まえておくべきだったと、今は後悔してる> 
<どうして別れてしまったんですか?>
<古傷の事は、ノーコメントだ。思い出すと、今でも疼くからね>
<ところで、老妻さんは、料理、上手なんですか?>
<何度も同じ事、言わせないでくれ。もう失礼するよ> 


俳句


青春を ふと思い出す 年の暮れ