上州随筆俳句

 長くアマ無線をやってきましたが、一昨年、電信愛好家のためにパソコンによる電信自動送信装置「CWBOARDKK」を作りました。
 本ブログには、アマ無線の活動及び古稀世代の色々な方面について、感じたままの随筆と俳句が書いてあります。
 

日常徒然草<はや秋ぞ>

 若い頃は運動もしてたから、80キロ近くあった。退職してからは、65キロ位に減らした。ところが、三年前位から、また70キロに戻った。  まあ、仕方ない。時々、間食するからだろう。それと、なんと言っても余り運動をしないからだ。散歩と10分走は、ほぼ毎日して居るが、こんな程度の運動では、やはり十分ではないのだろう。  でも、余り痩せてるよりは、少し太り目の方が長生きするという結果が出てるようだし、ま…

川底の必然

 因果応報、なかなか含蓄のある言葉である。  意味は、そんなに難しくはない。要するに、何かの結果には、それに先だっての原因が必ず、存在する、と言うことである。  西洋にも同じような諺が流布している。  Whatever is,is right. これは短い言葉だが、宗教的な響きをも持っている。  訳は、Whatever is(存在するものは),is right.(全て正しいのだ)  若い頃、私は…

電信綺談

 歴史上の天才の伝記は、大抵のものが誇大に書かれている。  簡単に言えば、嘘である。でも、普通は、そんなに目くじらを立てないで、笑って聞き流すべきものなんだと思う。  とは言え、自分が、その事柄に少しでも関心、知識があると、何かしらは言いたくなるものだ。  あの発明王エジソンが、やはり天才と言われたテスラに会った時、二人は、肩を叩き合って雑談したと、何かの本に書いてあった。  要するに、モールス…

日常徒然草<遊郭移転>

 急に、食べ放題に行きたくなった。それで、イオンに行く事にした。巨大なイオンモールは、我が家から車で、20分位の広い郊外にある。  これが出来てから、高崎の街は一気に買い物客が減少してしまったらしい。  それはそうだろう。休日ともなると、野球場よりも広い駐車場が、ほぼ一杯になってしまうのだから。  モール内には、何でもあるから、買い物にはとても便利だ。それに、駐車は全て無料である。街中のデパート…

電離層レポート

 昨日は久しぶりにCQを出しました。三ヶ月ぶり位。そしたら、東北のJA7の方に呼ばれました。しかし、どうにも信号が弱すぎました。33位。辛うじて、コールは確認出来たものの、他は何もコピー出来ませんでした。  已むなく、ファイナルを送ることになりました。私の信号は59で届いているとのことでした。群馬県前橋市から東北へは、よく飛んでいるのに、その逆は駄目でした。  まだ、いわゆる片パスですね。コンデ…

若い女性<16> 不可解群2

 私が見た女は、青井が連れてきた、ごく一部です。  ずっと長く青井と居れば、もっと、色々な女のことを知ったと思うが、青井は若くして自殺してしまったので、全部は分からない。  私が会った女についてだけ、記すことする。  ある時、青井の離れで雑談をしていた。部屋の壁には、彼が書いた幾つかの裸体画が掛けられていた。なかなかの腕前だ。有名画家の名前を添えたら、間違いなく売れると思った。  青井が一枚の絵…

日常徒然草<サウナ>

 昨日はサウナに行ってきました。最近、行ってなかったです。二ヶ月ぶり位でしょうか。下の写真が、その施設です。  大変大きな温泉施設で、近隣の街からも沢山の人がやって来ます。料金は600円で、日曜は700円。  前橋市には、この他にも7つ位、温泉施設が街中にあります。  その全部を、以前、回ったことがあります。でも、此処が一番、総合的に良さそうなので、最近は、もう他のサウナに行くことは無いです。 …

マリリン・モンロー

 クリックの惹きつけ文句を「クリックしたら、マリリン・モンローに逢えるかも」に変えました。後で考えたら、モンローなんて、今の時勢、みんな、もう知らないな、と気付きました。  でも、マリリン・モンローでいいんです。  マリリン・モンローは男の永遠の憧れですから。  小学生一年生の頃から好きで、古稀になった今でも好きです。書斎には、マリリンの写真が二枚、額に入って、壁に飾られています。   小さい頃…

我が今昔物語

 父母は、共に、大正三年の生まれ。父は7月10日。母は9月29日。  もう遙かな昔である。  父と母が出逢う事になったのは、偶然の結果である。まあ、出逢いとはすべて偶然かも知れないが。  それは、いつ頃の事か、分からないが、恐らく昭和の10年代。  ある雷の日、二人の男が土砂降りを避けて、大きな木の下に逃げ込んだ。  で、雨が止むまで、大木の木陰で雨滴を凌いでいた。   昔の人は、誰とでも気軽に…

ともかくミニスカ

 退職してから11年間、人間ドックには1度も行ってない。現役の頃は、毎年、義務的に行かされていた。  退職後、幾人かの知り合いが、前立腺癌に罹ったと知らせて来た。いずれも、人間ドックで発見されたものである。例のPSA検査である。  私も、現役の頃、一度、検査した事がある。あと、泌尿科で何かの折りに検査した事もあった。いずれも異常なし。  前立腺癌というのは、癌の中でも妙な癌で、短期間には死なない…

神の作戦

 あれは母が亡くなって、すぐの時でした。遺体の横に茫然と、立ち尽くしていた父が、不意に腰をかがめて、何か少し呟いた後、母の額にキスをしました。  大正生まれの男が、亡くなった妻にキスをしたのです。私はビックリしました。そんな器用な夫婦には、絶対、見えなかったですから。  父は私の方を振り返ると、問わず語りに言いました。 「今まで、おれは、〇〇さん(母の名)と、しみじみと、心の底まで話した事は、一…

日常徒然草<花火大会>

 昨夜は花火大会に行きました。去年よりも沢山の人出でした。  この花火大会、以前は七時から九時近くまであったのですが、近年は、8時半位で終了となりました。  今回はと言うと、7時20分開催。途中、何度も休憩。8時20分で終了となりました。正味40分位でしたね。  もう開催費用の調達が不可能みたいです。前橋市も廃止に至る公算が濃厚となったようです。各自治体でも廃止のところが多くなりましたね。タダ見…

日常徒然草<電離層>

 先ほど、トランシーバのスイッチ入れたら、何と七メガ、聞こえました。 もう随分と久しぶりです。交信したのは半年前です。 ずっと雑音ばかりでしたが、少しは電離層、回復したのでしょうか。そんな筈はないので、これは、短期間の現象かも知れません。  まあ、太陽の事はよく分かりませんが。  つい、この嬉しさを伝えたくて、ブログを書きたくなりました。  アマチュア無線家は、生の声で交流出来ますから、ブログと…

墓間の小道 

 お盆が近づいたので、散歩する公園に人の出入りが多くなりました。車を見ると、大阪辺りからのも見える。そんな遠方から墓参りとは、実に立派です。  きっと、素晴らしい親子関係だったんでしょうね。羨ましい事です。墓参の人影が多くなると、私は人目を避けて墓地の中を通るようになります。  傘を手にした大人が、公園内の道路とは言え、ふらふらと散歩してるのは、余り見られたくないからです。大抵、歳より若く見られ…

昔の恋人

 物置で捜し物をしていたら、何と真空管が見つかりました。30本位。 懐かしのST管です。 アマチュア無線家以外の方には、ゴミです。 我らアマチュア無線家には、お宝です。 事実、6ZP1は、一本1000円位です。今、ネットで調べました。 12 Fは1250円。実は572Bも2本持ってます。調べたら、1本19000円。 一本2万とは驚きです。 全部売れば、七万円位みたいだ。 他にもオシロ等もあるから…

性豪作家

 30代の頃、初めて渡辺淳一の本を読んだ。昔タイプの流行作家だが、良い作品も、沢山あった。生前は、性豪作家と呼ばれたが、事実は、それほどでも無く、普通の人であったと言うのが真相だろう。  その名前は出版の業界人が売名のため、勝手に付けたに過ぎない。出版社は一冊でも本が売れれば良いだけだから。  北都物語辺りが、最盛期だったように思う。北海道は、まだ一度きりだから、いつか行ってみたい。  かの夏目…

ジョン・レノン

Imagine there's no Heaven 想像してごらん 天国なんて無いんだと It's easy if you try ほら、簡単でしょう? No Hell below us 地面の下に地獄なんて無いし Above us only sky 僕たちの上には ただ空があるだけ Imagine all the people さあ想像してごらん みんなが Living for today..…

定期検診

 昨日は午前中、行きました、病院へ、三ヶ月毎の定期検診です。  待合室のソファに居るのは年寄りばかりです。いえ、私は古稀青年です。  見ると、爺婆の他に、数人若い人が混じってました。  診察の順番が来るのは、大抵、血液検査の血を採取してから、一時間後です。  採取後は、することが無いので、専ら、人間観察です。  まず、受付の若い女の子。細いウェストが良いなあ。あそこを膨らませたいのが男の願望です…

国際社会

 国際社会は、1970年に発効した核拡散防止条約(NPT)の下で核軍縮を進めてきました。NPTには3つの柱があり、それは、核保有国による核軍縮、核の不拡散、原子力の平和利用です。 それで、今年の7月に国連であらたに採択されたのが、核兵器禁止条約ですが、日本は賛成していません。  核廃棄を訴え続けていた日本が何故?と言う疑問が残ります。  でも、色々と調べると、日本は妥当な決断をしたと思います。 …

深夜のカタストロフィー

 街中で若い女性を見ると、一陣の爽風を感じる。  どうしてかな。あれは何故なんだろう。  何をしていても、どんな格好、どんな仕草をしていても、男を惹きつけて離さない。  離すもんか、絶対に、だ。  若い女の髪の毛には巨大な象も繋がると言う。昔からの言い伝え。  でも、まさにそうなんだ。  男の脳には地球40億年の記憶が記録されている。  そこに、命の系譜が書いてある。  若い女を見たら、とにかく…